| CATEGORY | ARCHIVE | PROFILE |
ボスポラス海峡を木製ボブスレーで通る。
キリムの毛糸の感触を確認したいな と思っていたところへ
ギャラリーでキリムの展示会をするのを 偶然知ったのですが
出不精ゆえに 行こうか行くまいか 迷ってましたが

ボスポラス海峡って こ、こんな狭いんだっけ?
って 木枠の護岸にボブスレーをガゴンッ と嵌めて
では どうぞー みたいな海峡クルージングに出させられる
という 奇妙な夢を見たので

風も穏やかで 良い天気に恵まれてそうだし
これも何かの縁かもー と思って
清澄白河へ行ってきました。


で キリム用の毛糸を 少し買ってみました。



もしも猫がいたら 大変なことに。

 



子供の頃は 飼っていた子猫の兄妹が
編み物をする母の前を 毛糸玉と一緒に 転がりまわって
それはそれはもう。






ひたすら 織る織る織る織る。
記念すべき第一作目。





美瑛の丘をイメージしました。
ってわけでは ないけど それっぽい?






これは セーターなどの衣類用毛糸。
柔らかすぎて 綜絖で押さえても 
ほわっ と糸が浮いてきて きっちりした織りあがりにはならないので
途中で 綿麻の赤い糸で試してみたり ひたすら 織ってみました。
ちなみに 一本だけある白い経糸は 
準備万端と思ったのに 張り忘れていて
急遽 張ったものです。
模様とか なんにも考えてなかったけども
なんとか織れるものなのねー。
ナイスリカバリー!



ランチョンマット程度の大きさなら
経糸を張るところから糸の始末まで
だいたい3時間くらいで完成でしたが
超☆初心者 の私には キリム用ウールが
織りやすかったなぁ。

購入検討中です。




CATEGORY -
このページの先頭へ


<< NEW | TOP | OLD>>