| CATEGORY | ARCHIVE | PROFILE |
裸(ラ)。
梅雨明け まだー?



日々 このような姿で過ごしております


CATEGORY 【銀塩写真】
このページの先頭へ


夏日だって。
今日は晴れましたが 暑くて頭が痛いです。


スペイン写真は とっても昔の
2月くらいに撮影したものですが
いつだったかなぁ…あ そうか!
と 先程思い出しました。
阪神淡路大震災の年です。

このスペインまでの旅程を写真で辿ると 以下のようになります。

ポーランドから まず ハンガリー。

マーチャーシュ教会。

イスラエル行き飛行機が時間前に飛び立ってしまったので
ハンガリーからチェコへ飛び
その死にそうなくらい退屈な空港のラウンジで
9時間くらい過してテルアビブ行き飛行機に搭乗。



早朝 到着し エルサレムへ直行。
ハンガリーの郷土料理グラーシュが気に入ったので
イスラエルでも見つけて食べる。

そして 中学・高校時代の友達がいるタイまで
アラビア半島回避するエル・アル機の
やたらと長いフライトに耐え
乾燥地帯から いきなり体感湿度90%のバンコクへ。
一応 観光らしきことはしましたが
クーラーをガンガン効かせたリージェントホテルは
いかんせん 除湿はされてなくて 湿っぽいシーツで 風邪引いてフラフラ。


エメラルド寺院か 何処か。

で 日本に着いたら大震災発生。

1ヶ月ほど実家に滞在した後に
スペインに飛んだのでした。




アルハンブラ宮殿とか 暢気に観光してる場合じゃなかったことに
もう午後をとっくに過ぎた頃に
マラガまで戻って地図見て判明。

その日は バレンシアまで行く予定を組んでいたので
800キロの移動。死。
スペインでは マドリード セビリア ジブラルタル マラガ グラナダ
そして またマラガへ戻り 旅程に驚愕。
地道にバレンシアまで。時折 時速200キロ超え。
バレンシアから バルセロナ。



そして ポーランドへ戻る。



もうこんな旅は むーりー。


CATEGORY 【銀塩写真】
このページの先頭へ


この梅雨と言う大海原をモーセに割ってもらいたい。
湿度が高くて 鬱陶しいので
カラっと晴れ渡りすぎて 乾燥しすぎのスペイン特集。




すごーく高い場所まで上ったのに
右側に見えるワイヤーって いったいどっから垂れてるねん。



CATEGORY 【銀塩写真】
このページの先頭へ


満身創痍。
銃弾の跡が 沢山。
ハンガリー。



アタクシはというと
1月から2月まで風邪をこじらせ
ついには 肺炎という判定。
で それは治ったのに
再び 風邪を引くという
弱体化著しい 今日この頃。




CATEGORY 【銀塩写真】
このページの先頭へ


温まりません。
毎日の寒暖の差に 着いていけず
指先が冷えきったままで
痛いくらいです。
今 熱を色で表すとしたら
真っっっ黒だと思います。
アルコールを摂取したほうがいいのかも。


真冬のプラハ。

野外カフェにて。
当たり前ですが すっごい寒さでしたので
アイリッシュコーヒー おかわりしちゃったよ。


CATEGORY 【銀塩写真】
このページの先頭へ


知らない人の誕生日。
何が楽しくて クリスマスに
ユーロディズニー。



Marne-la-Vallée France


まずね
朝のレストランは 恐るべき子供たちの仕業で
椅子は倒れ テーブルの上は カオスなのでした。

開業間もなくのせいか まったく 面白くなかったっ。

いや こういう遊園地を楽しむ術を知らない私が
なにかの間違いで行ってしまったのが 悪いですね。


CATEGORY 【銀塩写真】
このページの先頭へ


政治と空模様と文法と領土問題。
ポーランド語は ラテン語よりも「格変化」が一個多い。

誰かの名前も自分の名前も変化するので 頭を抱えていたら
外では さっきまで晴天だったのに 急に雨が降ってくる。
と思ったら 晴れてくる。で また雨になる。
洗濯物干しても 安心して出かけられないよね〜 と
ポーランド人の先生に言ったら

「ポーランドはぁ いろーんな事がぁ よく変わりまぁす。
 前はぁ ポーランドがぁ なくなりましたぁ。」



・・・・ですよねぇぇぇ。

四の五の言わずに 黙って格変化を覚えれ。と
自分に言い聞かせてましたが 
結局 有耶無耶にしたままかもしれない。



ヴァヴェル城の下 ヴィスワ川の畔で
火を吹くドラゴン。


Kraków Rzeczpospolita Polska




ブログの背景色だって ちょくちょく変わるかも!
変えましたけど。



CATEGORY 【銀塩写真】
このページの先頭へ


目に痛いくらいの青空が現れる。
東京は 台風抜けました。
窓は割れませんでしたし 棲家も倒壊してません。

JRが動かないですとか 地上のメトロが途中で止まるですとか
そういうことは 想定の範囲内というよりも常識ですが
それよりもなによりも 玄関先に出しておいた
生協の発泡スチロールの空き箱が 空を舞うのではないかと
どうにも落ち着きませんでしたが 無事だったようです。



El Temple Expiatori de la Sagrada Família
Barcelona España

空が信じがたい色になってますが
ほんとにこんな ごっつい青色。
緯度の違いよりも 空気の湿度の違いのせいかしら。



しかし 空の写真が多いのに 背景を空色にしてしまって
色が被るなぁ。
少しサイトを明るい色合いにしたかったばかりに
絞まらない感じ。





CATEGORY 【銀塩写真】
このページの先頭へ


| 1/1 |